チワワ

2014年04月28日

伝え方を4つのタイミングで変えることで、人生が変わる法則とは?

伝え方について
ワンちゃんと会話できたらいいなぁ。

なんて話しているんだろう。

でも、人間にも伝えられない時があるくらいだからなぁ。。


伝え方のルールとは、相手のご機嫌で自分の世界を変えられてしまう、というお任せ状態から、ルールに則って意識的に言葉を使うことで、自分の思い通りの人生を歩むコツのようなものです。




生きている間には、様々な状況で伝え方がターニングポイントになる場合が出てくるでしょう。


例えば、相手への好意(好きな気持)の伝え方や、不満を伝える時、或いは面接で熱意を伝える時、ブログを書く時やbusinessなどなど、伝え方で世界が変わると言っても過言ではありません。



今このサイトでは恋愛の相談が多いので、今回は、言葉を操る達人であるマイケルフォーティンが考案した『OATHの法則(オースフォーミュラ)』を応用した人間関係改善、恋愛術の方法を解説してまいります。


とはいえ、ビジネスや商売は恋愛と似ている、と云われているように、見込み客へのアプローチにも使えるでしょう。


またこれは、伝え方のテクニックというよりも、相手の状況つまり相手の意識の段階に合わせたアプローチ方法をお伝えしていきます。


あなたがターゲットしている相手に、重要視されるようになるために、この記事を書きました。


全然関係ないのですが、先ほど相棒シーズン11-第三話をDVDで観ておりまして、プロボクサーのセリフで「美しくて残酷で奇跡的」「神様は死ぬ気で努力したものだけを助ける」という心に残る言葉がありました。


それでは、始めて参りましょう。


伝え方のコツ〜相手に重要視されるようになる4つの作業 | 潜在意識活用法〜すごい!「潜在能力」

posted by チワワ at 00:51| 気になっている情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。